住宅にシロアリ対策施工を施す

シロアリ対策で家を守る

住宅

住宅にシロアリ対策を実施する際は、適切な対処法でシロアリの侵入を防ぐ必要があります。きちんとした対策が行なわれていないとシロアリの被害が発生してしまい、住宅の修繕や駆除作業に多くの費用がかかってしまう可能性が高いです。

シロアリが寄り付かない家にするための対策

シロアリが住みやすい環境を作らない
シロアリは主に湿気の多い場所で生息していることが多く、乾燥した場所や風通しの良い場所に巣を作ることはほとんどありません。そのため住宅の風通しを良くして湿気を解消すれば、シロアリを住宅から遠ざけることが可能です。
侵入を防ぐ
住宅の中にシロアリが侵入するのを防ぐには、金属板やパッキンなどを利用してシロアリが侵入してきそうな場所を塞ぐのが最も有効です。また地中からの侵入を防ぐためにも、住宅の下にはコンクリートを入れておきましょう。
薬を撒く
きちんとシロアリの被害を防ぐには、住宅の木材に防蟻剤を散布しておく必要があります。しかし防蟻剤にはさまざまなタイプが存在するため、利用する際はそれぞれの住宅に適したタイプの薬剤を選択しなければなりません。

シロアリ駆除は再発防止が必須

市販の防虫剤を使ったシロアリ駆除は効果が一時的なものであるため、施工してから一定期間が経過するとシロアリの被害が再発してしまう可能性が高いです。シロアリ被害を二度と発生させたくない場合は、駆除業者に対応を任せましょう。

賃貸物件で住んでいる人への注意点

5年を目安に業者に見てもらう
駆除作業を実施することでシロアリの被害を防ぐことができる期間は約5年であるため、住宅を長い間守っていくには定期的な工事が必要です。業者の方に依頼を行なっておけば、5年ごとに防蟻工事を実施してもらうことができます。
自分でやっても業者にもしっかり駆除してもらう
市販の殺虫剤などを利用してシロアリ駆除を実施した場合も、作業完了後に駆除業者に無料の現地調査を依頼した方が良いでしょう。業者の方に駆除を終えた後の住宅をチェックしてもらえば、生き残っていたシロアリもしっかり駆除することが可能です。
TOPボタン