柱や床下を確認する~シロアリチェック~

放置しているとトラブルに発展する

住宅内でシロアリの痕跡を発見した場合は、すぐに駆除を行なって被害を最小限に抑える必要があります。早急にシロアリ駆除を行なっておかないと、年月が経過するにつれて住宅がどんどんボロボロになってしまう可能性が高くなります。

シロアリ駆除をしないことで受ける被害

被害が多い「床下」

ヤマトシロアリは主に床下部分の木を食べる傾向が強いのですが、場合によっては本や家具などの製品も食べてしまうことがあります。そのため被害が発生すると住宅だけでなく、室内の貴重品や家具なども損害を受けてしまう可能性が高くなります。

コンクリート造の床板もやられてしまう

現在はコンクリートで作られた建築物が多くなってきていますが、シロアリの被害はコンクリート製の建物にも発生するので注意しましょう。一度住宅の中に入られると、家具や内部に使用されている木材が食い尽くされてしまいます。

家の家具も食い荒らされる

シロアリが家具に侵入してしまうと、内部で保管していた貴重品などがシロアリの被害にあってしまう危険性があります。特に本や書類などの紙製品は食害が発生しやすいので、本棚などを所有している方は注意しましょう。

家の中にシロアリがいないかセルフチェック

シロアリによる被害を未然に防ぎたい場合は、自宅の状態をチェックしてシロアリの被害を防ぐ必要があります。自宅の床下をチェックして蟻道があったり、木の屑や蟻のフンなどが落ちていたりすると住宅にシロアリが侵入している可能性が高いと言えます。また実際にシロアリの被害が発生しているかを確かめたい場合は、住宅の柱や床を叩いてみましょう。床や柱を叩いて空洞音がした場合は、なるべく早めに駆除業者へ依頼を行なわなければいけません。

TOPボタン